Ver 2.2(build 20170914)

ぜひ携帯電話からもアクセスしてください。

http://kira-rin.appspot.com/
http://kira-rin.appspot.com/

友活・恋活・婚活イベント案内

「※」印がある行事は事前に申込みが必要です。

11/22(水)

9:00 〜 23:59 スポコン参加者募集

9:00 〜 23:59 スポコン参加者募集

13:30 〜 14:30 第2回届け出挙式

イベント どこ (駐車場
※実際の場所とずれが生じている場合があります。
(大きな地図で見る)
どんな
いつ
だれ
予約
人数
説明
主催者
連絡先
名前
駐車場
住所
連絡先
説明
名前
住所
連絡先
説明
宛名
TEL
FAX
E-Mail
URL

婚姻届を提出する市役所で誓う“届け出挙式”

鈴鹿市役所で,未来への一歩を踏み出す新郎新婦を祝う“届け出挙式”を実施します。

“届け出挙式”は,鈴鹿市が目指す「安心して結婚・出産・子育てができる環境づくり」を達成するため,鈴鹿市のPRとともに、『まち』の活力の源となる若い世代の定住人口の確保と結婚支援につなげていく取組の1つとして行う,市民参加型のイベントです。

平成29年度は,の3回実施します。

そこで,鈴鹿市では,“届け出挙式”に参加いただける新郎新婦を募集しています。

お二人の門出を祝う“届け出挙式”にぜひご応募ください。

詳しい内容や応募方法などについては,市ホームページ(http://www.city.suzuka.lg.jp/topics/files/3450.html)をご覧ください。

<問合せ先>総合政策課 TEL059-382-9038

三重県で婚活する!

三重県結婚支援アドバイザーって?

三重県結婚支援アドバイザー派遣事業について

三重県が進める少子化対策の一環として,独自の結婚支援に取り組む市町等の取り組みを支援するため,「三重県結婚支援アドバイザー派遣事業」を実施し,市町等が行う結婚の支援にかかる事業に対し,助言や協力を行う専門家をアドバイザーとして派遣します。

申請する場合は,三重県・少子化対策課へ申請書を提出し,派遣,支払い等の事務については,「みえ出逢いサポートセンター」において処理します。

  1. 派遣の対象となる団体
    各市町及び各市町(長)が協賛(後援等)する結婚支援を目的とするイベント等を実施する団体。
  2. アドバイザーの派遣対象となる業務
    市町等が行う結婚支援にかかる事業の企画・構築や,結婚を支援するイベント等の具体的な実施に関する助言や協力等
  3. 費用負担
    派遣するアドバイザーへの謝礼及び派遣旅費を三重県が負担(予算の範囲内)
  4. 問合先
    三重県健康福祉部子ども・家庭局少子化対策課
    TEL 059-224-2269
    FAX 059-224-2270
    メールアドレス shoshika@pref.mie.jp

三重県結婚支援アドバイザー派遣事業実施要領

(目的)

第1条 三重県(以下「県」という。)は,市町等の実施する結婚支援に関する取組を積極的に支援するため,三重県結婚支援アドバイザー(以下「アドバイザー」という。)を派遣する事業を実施する。

(対象団体)

第2条 アドバイザーの派遣の対象となる団体は,各市町及び各市町(長)が協賛(後援等)する結婚支援を目的とするイベント(以下「イベント」という。)等を実施する団体(以下「市町等」という。)とする。

(任務)

第3条 アドバイザーは,市町等の依頼に基づき,結婚支援にかかる事業の企画・構築や,結婚を支援するイベント等の具体的な実施に関して,助言や協力等を行うものとする。
前項の助言や協力の方法は,概ね次のとおりとする。
  1. 結婚支援事業の企画・構築にかかる助言
  2. イベント等の実施にかかる助言や協力(講演や進行等)

(選定)

第4条 アドバイザーは,市町等の依頼に基づき,結婚支援に関して必要な知識と経験を有する者を県が選定するが,各市町等で具体的なアドバイザーの希望がある場合は,これを優先する。

(依頼)

第5条 アドバイザーの派遣を依頼する市町等(以下「派遣依頼者」という。)は,派遣依頼書(別紙様式1及び2)により,原則として派遣依頼日の2ヶ月前までに県に依頼するものとする。但し,予め,各市町等において具体的なアドバイザーの希望がある場合は,この限りでない。
各市町(長)が協賛を行うイベントを主催する団体にあっては,前項の依頼書に加え,各市町(長)の協賛を受けていることが分かる文書(後援許可書等:写しも可)を添付するものとする。

(派遣)

第6条 県は,派遣依頼者からアドバイザーの派遣の依頼があったときは,その依頼内容を検討し,必要と認められるときは,その専門分野の講師を派遣するものとする。

(費用負担・支払い)

第7条 県は,予算の範囲内で派遣にかかるアドバイザーへの謝礼及び派遣旅費を負担するものとする。これ以外の費用については,派遣依頼者が負担するものとする。
支払いは派遣依頼者と相談のうえ,派遣依頼者又はアドバイザーに支出するものとする。

(報告)

第8条 アドバイザーの派遣を受けた派遣依頼者は,事業終了後その結果をすみやかに県に報告するものとする。
なお,事業実施が出逢いの場となるイベント(婚活イベント等)である場合には,成果として,参加者数・カップル成立数も報告すること。
また,派遣にかかる費用の支払いを派遣依頼者が受けた場合には,派遣依頼者が講師に謝金等を支出したことが分かる書類を添付するものとする。

(その他)

第9条 本実施要領に記載のない事項は,三重県と団体がその都度協議するものとする。

附則

1.この要領は,平成26年12月1日から施行する。

正しく表示できません:ご使用のブラウザはサポートされていません。 アップデートするか、次のブラウザでご覧になるか、もしくは携帯電話版 鈴鹿市子育て応援サイト きら鈴をご覧ください。
【サポート対象】 InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)9以上, Firefox(ファイアフォックス)40以上, Safari(サファリ)7以上, Opera(オペラ)12以上, Google Chrome(グーグルクローム)45以上