Ver 2.2(build 20170914)

ぜひ携帯電話からもアクセスしてください。

http://kira-rin.appspot.com/
http://kira-rin.appspot.com/

沐浴の手順

【準備物】
① ベビーバス ② 温度計 ③ 洗面器
④ ガーゼ     ⑤ 沐浴布
⑥ 沐浴剤 または 石けん
⑦ 大判タイプのバスタオル ⑧ 着替え

【手順】
① ベビーバスを準備します。
お湯を7分目くらい入れて、温度の確認。
適温は38度~40度で、人の体温よりやや高い「あったかぬるい」くらいです。

② お風呂に入れます
赤ちゃんを沐浴布でくるみ、首と股を支えて足からゆっくりお湯につけましょう。
赤ちゃんは裸になったり、お湯につけられると泣くこともあるので、からだに
沐浴布をかけてあげると安心します。

③ 顔を拭きます
目頭→目尻、鼻から口へと拭いてあげましょう。
赤ちゃんの後頭部を片手で支え、ぬらしたガーゼを使います。
汗や皮脂の汚れを落とし、目やにや眉の中のかさぶたなどもやさしく洗い落としましょう。

④ 頭を洗います
石けんを泡立てて、ゴシゴシこすらないよう指の腹でやさしく洗います。
その時、耳にお湯が入らないように気をつけましょう。

⑤ からだを洗います
あおむけの状態で、首→手→わき→おなか→足の順番に洗います。
赤ちゃんは手を握っているので、小指側から指を入れて開けて掌の中も洗ってあげましょう。
ももの付け根やくびれた部分は、特に汗や汚れがたまりやすいので、丁寧に洗いましょう。
その後、からだをゆっくりうつぶせにして背中を洗います。上手くうつぶせにできない時は、あおむけの状態でも大丈夫です。
最後に、股間・お尻をきれいに洗ってあげましょう。

⑥ かけ湯をします
40℃くらいのお湯をそっとからだにかけて、石けんを洗い流します。

⑦ バスタオルでくるみます
湯冷めしないようにバスタオルでくるみ、からだの水分を押さえるようにして拭きます。
忘れずに掌や足のしわの間、お尻なども拭きましょう。

最後に,沐浴は、赤ちゃんが疲れたり、風邪を引かないよう5分位を目安に手早く入れてあげましょう。

もどる

正しく表示できません:ご使用のブラウザはサポートされていません。 アップデートするか、次のブラウザでご覧になるか、もしくは携帯電話版 鈴鹿市子育て応援サイト きら鈴をご覧ください。
【サポート対象】 InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)9以上, Firefox(ファイアフォックス)40以上, Safari(サファリ)7以上, Opera(オペラ)12以上, Google Chrome(グーグルクローム)45以上