Ver 2.2(build 20170914)

ぜひ携帯電話からもアクセスしてください。

http://kira-rin.appspot.com/
http://kira-rin.appspot.com/

つかまり立ち&つたい歩きのころ(9~12か月ごろ)

【発達】
はいはいのスピードがアップしてより早く移動ができるようになります。つかまり立ちやつたい歩きをしたり,自分の体を自由に動かしたりできるようになっていきます。また,周囲の人の動きを見てまねしようとするようにもなります。言葉の意味が理解できるようになってきて,意味のある言葉を話し始める子もいます。

【遊び】
○飛行機,たかいたかい…お父さんお母さんは仰向けに寝てひざを曲げ,すねの部分を赤ちゃんのお腹に当てて体をしっかり支えて「たかい,たかい」などと声をかけながら飛行機が飛ぶように足を前後にゆっくり動かしましょう。

○脚の上でたっち…座ったお父さんお母さんの脚の上で赤ちゃんの両脇を支えて立たせてあげると,足をつっぱらせるようになります。「たっち上手ね」などと声をかけてあげましょう。

○ストンと落ちちゃった!…座ったお父さんお母さんの脚の上に赤ちゃんを座らせ,体をしっかり支えながら脚を上下に揺らします。途中で脚を突然開くと赤ちゃんはストンと落ちる意外性と変化に大喜びするでしょう。

○Let’s ダンス…赤ちゃんのお気に入りの音楽をかけて「一緒に踊ろう!」と話しかけながら行いましょう。リズムに合わせて体をゆすったりして楽しみましょう。

○ぱたぱたペンギン…お父さんお母さんの足の甲に赤ちゃんを立たせて,「いっちに,いっちに」とリズムに乗ってゆっくりと歩いてみましょう。

○鏡でこんにちは…鏡で赤ちゃんの顔を見せてあげましょう。角度を工夫して見えないようにしたあと,「ばあ!」と鏡に映してあげると赤ちゃんは喜びますよ。お父さんやお母さんが一緒に鏡に映って,反応をうかがいながら楽しんでみると良いでしょう。

もどる

正しく表示できません:ご使用のブラウザはサポートされていません。 アップデートするか、次のブラウザでご覧になるか、もしくは携帯電話版 鈴鹿市子育て応援サイト きら鈴をご覧ください。
【サポート対象】 InternetExplorer(インターネットエクスプローラー)9以上, Firefox(ファイアフォックス)40以上, Safari(サファリ)7以上, Opera(オペラ)12以上, Google Chrome(グーグルクローム)45以上